スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指導技術を学べる環境に感謝です^^

先日の「研修会社が教える本物のインストラクション術」に引き続き

23日(月)~26(木)の朝から夕方まで指導技術を学ぶ機会に恵まれました。

4月から非常勤講師として授業をさせていただく専門学校の教職員向けの研修です。

担当講師は東京からいらっしゃいました。東條仁英先生です↓
http://school.js88.com/success/sclbase/jsc_sclbase:scl_id:1170:top_no:1:Mode:Top:for:.htm

研修会社の講座はポイントと裏ワザ、極意をぎゅっと凝縮した内容で、貴重な情報を惜しげもなく
提供してくれたというお得感があり良かったです。

そして、今回の東條先生の4日間の内容は、教科書の1~10すみずみまで
教えてくださるようなスタイルで、こちらもまた、パズルのピースがひとつずつピタリと合ってくるようで
とても勉強になりました。

シラバス

・講師としての基本的心構え
・教育場面での教育姿勢
・指導と教育の8原則
・教え方の4段階
・年間授業計画(シラバス)とレッスンプランの作成
・講技法と留意点
・講師として具備しておくべきテクニック
・教育技法
・クラス運営

などなど・・・。まだまだ書ききれないくらいです。

両方に共通して言えるのは、『型』の大切さだと思います。

先人が研究し体系化してくれた技術を大切に自分のものとしていくことが
ひいては自分のオリジナリティ-へと発展していくのだと思います。

そして今日は、模擬授業の一日。
グループで一名づつ発表します。

私は発表役には当たりませんでしたが、各自昨日からの課題だったので
私も以下のように準備しました。進行表も作ります。
------------------------------------------------------------------------
■課題:『良いコミュニケーションとは何か?』
■指導目標:自らのコミュニケーションのありかたを振り返り、他者と討議・共有する過程において
        良いコミュニケーションとは何か?を見出していく。
■全所要時間:100分
■使用材料:レジュメ・ワークシート・振り返りシート・A4プリント(グループ数分)・
         プロッキ-(水性カ ラーペン8色入り×グループ数分)
-------------------------------------------------------------------------

初心者向けの第一回目の想定です。
途中途中のワークや質問の投げかけなどを工夫して少しずつ気づきを促すよう絞り込んでいきます。
授業だけでなく、少し進め方をアレンジして研修でも使えそうな感じです。


他の先生の模擬授業はとても参考になります。
おもしろいキャラクターを名人芸のように確立されている先生や、
質問が抜群に上手な先生。

どこに、その秘訣があるのか、色々学ばせていただきました。

ありがとうございました!!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

七倉廣香

Author:七倉廣香
(ななくらひろか)
コミュニケーションオフィスアクア代表です。
<公式HP>
http://com-aqua.com 

【専門分野】コーチング
・研修講師
・専門学校非常勤講師
・コンサルティング(販売促進系)

●美しい空間が好き
●音楽が好き
●シンプルで質もいいものが好き
●実は奥深いものが好き
●穏やかなコミュニケーションが好きです

どうぞよろしくお願いいたします(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。