スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珠帆美汐さん お話会のお手伝いをしました^^

色々といきさつがありまして、

数日前に、急遽コーチ仲間のたまちゃんこと
珠帆美汐さん お話会のお手伝いをすることになりました。
http://sprtcoach.com/


「私はわたしのままでいい、を自分に言えるようになるまで」


というタイトルで、たまちゃんがトークショーのような形で語る。という内容です。

今までの辛かった体験が、どう改善されていったのか。
対人恐怖症だった彼女の、劇的な半生をありのままに語ってくださいました。


私は、たまちゃんの隣に座って、時々質問したりする「聴き手」の役目です。


会場はほぼ満席。

みなさん熱心に耳を傾けていらっしゃいます。

詳細を書くと差し障りがあるといけないのですが、
みなさん様々に影響を受け、たくさんのものを持ち帰ったのではないかと思います。

たまちゃんは、物心ついたときから、ひどい対人恐怖症だったとは思えないような、
声量・豊かな声で、生き生きと自己表現していました。

その姿をみて、未来の自分への希望を見出した方も多かったのではないでしょうか?

ステキな機会をありがとうございました!!

スポンサーサイト

人との境界線についてどう考えたらいいのか?

今日はコーチングサークルアクアの日です。

今回は、「グループコーチング」を、行ないました。

「グループコーチング」と、「ファシリテーション」の違いは、
「見える化」にあるのでしょうか?

今回は「見える化」も行なったので、
その区別はあやふやです。

境界線

ですが、講師としてメンタリングの要素も含めていたので、
やはりグループコーチングかも知れません。

そんな、私のつぶやきはさておき・・・。


今回は、前回にもテーマとなっていた「人との境界線」いわゆる、バウンダリー(boundary)について。
もっと、深めることにしました。

わかりやすく言うと、


コミュニケーションにおいて、他人との適切な距離の取り方です。


話し合いをする際は、「テーマを明確にする」ことが大切なので、

「テーマにぴったりな言葉をみつける」ことを目的に、しばらく話あいました。

そして、決まったテーマが、


『人との境界線についてどう考えたらいいのか?』

でした。

・場作り
・ルール作り
・見える化
・・・etc

きちんステップを踏んで行ないました。

複数の視点から出る発想は、素晴らしいですね。

それぞれに結論が出て、私自身も色々気がつきました。

「気がつく」ということは、本当に晴れやかな気持になって、すっきりしますね。



記憶と学び

今日は、仲間の講師の方のご好意で、
朝から夕方まで、某自治体の研修を聴講させていただきました。

聴講は、本当に勉強になります。

豊富なボキャブラリー、例えばなし・・・。

なるほど納得ないいまわし・・・。

さすがです。

以前聞いたことのある内容でも、
2度3度聞くたびに、気がつくことがあります。

ああ、そういう意味だったのか・・・とか、

聞いたはずなのに、自分の記憶にないなんて・・・。と、

反省したり・・・。


丹念に作られ、洗練された研修内容は、芸術性すら感じられます。


「研ぎ澄まされた感性」


というキーワードに、私は価値を感じるタイプなので、
完成度の高い研修は、学びでありながら、芸術鑑賞の域だと
思う時があります。

そういう意味では、研修講師というのも、
表現者。

アーティストですね。

そういうふうにわたしもなりたい^^

・・・なんちゃって(笑)

スガシカオのコンサートに行きました(^^*)

嬉しいことに、Zepp SAPPORO にて、スガシカオのコンサートへ行ってきました!

「FUNK FIRE」というタイトルなのですが、

これは、ALLSTANDINGで、最初から最後まで、
バラードなし!アップテンポで、走りつづけるコンサートです。

コンサートに申し込む際にその旨ご了承ください、という但し書きがあります。

確かに、スガシカオのDVDを見ると、アーティストも、観客も
最初から最後まで、ほとんと絶叫!

・・・なので、一体どんなことになるのか
ドキドキわくわくドキドキわくわく×100!


結果、今回は新譜の紹介も結構あったため
バラードもあり、で、バランスの良い構成になっていました。

サプライズで、「スキマスイッチ」のボーカリストの方も登場!
(お名前ど忘れしてスミマセン!)

「夜空のムコウ」を、歌ってくれました。


私も、踊ったり歌ったり、実に楽しい時間でした。

楽しい時間は、本当に短いものですね(^^)





立ち位置の違いを乗り越える教育・指導のコツとは

今日は、「指導の技術を学びあう勉強会」でした。

九州大学ユーザーサイエンス機構特任准教授にいらしていただきました。

印象に残ったのは、「自治体・ボランティア団体・企業」の価値観の違いです。

それぞれに、役割が違って、価値観が違うのは当然のことです。


「違い」を乗り越えるには、「違いがあることを知ること」が、第一歩なのでしょうね。



・・・違って当たり前

だから、対話する。


なるほど納得です。


みなさん、頑張って対話しましょう!

私も意識してみます!(^^)

準備期間が長かったので、色々な皆様に
お世話になりました。

遠くよりおいでくださいました講師の加留部先生。
お手伝いいただいたAさん
ご参加いただいた皆様

そして、ともに呼びかけ人として
道を拓いてくださいました岡山講師

どうも、ありがとうございました!
プロフィール

七倉廣香

Author:七倉廣香
(ななくらひろか)
コミュニケーションオフィスアクア代表です。
<公式HP>
http://com-aqua.com 

【専門分野】コーチング
・研修講師
・専門学校非常勤講師
・コンサルティング(販売促進系)

●美しい空間が好き
●音楽が好き
●シンプルで質もいいものが好き
●実は奥深いものが好き
●穏やかなコミュニケーションが好きです

どうぞよろしくお願いいたします(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。